”理想のお客様を引き寄せるスタイリング”
スタイリスト Yukari Nakayama(中山ユカリ)です。

このサイトを見つけてくださってありがとうございます。

私の体験が、あなたをとおった時
私色mixあなた色にremakeされ、新しい個性を持ってあなたから発信されること
あなたならではのモノがさらに引き出されるきっかけとなりますように。

願いを込めて手渡します。

知識として頭で理解していることと、
それが人生の一部となって ”生きはじめる” こととは全く別のことを
体験してきたこれまで。

ここに残す内容をイメージして自分を再生してきのだ、と思った。


*photo by Fragrasense  : Keiko Kobayashi   Miki Wtanabe  Yukari Nakayama   Ai Stho 

解凍

・私の好きなもの・

♡スタイリング
それぞれのこだわりがその瞬間、枠の中にピタッと凝縮されるところ

♡温泉
お湯につかって暖かさに包みこまれること

♡ピアノを弾くこと
習い始めたばかりだけど、和音の音色が好き
弾いている時は自然と音楽の中に集中できるところ

♡空を見ること
二度と同じ空にならないところ(スタイリングに似ているww)
その時のその空をその瞬間に見れる事

♡水の流れる音と風
お日様の光も好きだけど、鹿威しから流れてくるような水の音とそれと同じくらい優しい風

♡紙
やっぱり紙ww 紙質そのものも好き
見た目、手触り、いろんな紙質を合わせたときの見え方
デジタルもいいけど本や写真などやっぱり紙が好き

♡布
色、模様、デザイン以外にも手触りや布ならではの艶や柔らかさなどからくる表情が好き

♡炎
たき火、ろうそくの炎など見ていると吸い込まれそうになる
そして素直になれる
などなど。

好きなものと聞かれて、スッと出てくる。
解凍。
私のこれまでを解凍し再生した証。

*これまでの私はプロローグ1~6を読んでね! 好き嫌いを封じ込めていた頃

選ぶ・好き・NO・楽しい

どんな世界を見ていきたいか?
見たい世界を創る。

私は光の面を見ていくー

そう決めて
好きを集める。

最初に確認した好きは、
やっぱり、スタイリングの撮影現場!
なんといっても、作っている今この場所の空気感が
しびれるくらい好き♡
一人で作品を作ってスマホ写真にしている時も、今に集中していて好きだけど
その筋のプロフェッショナルが集まって、
それぞれの得意分野を出し合い、
その時その人達その場所から湧き上がるBestなものを生み出せる瞬間に居られる幸せは
他では決して味わえない!

やっぱり、私はこの場所で生きると決める。
それが大切すぎて、封印を開けられなかった。
傷つきたくないから、あの手この手で矛先をずらしていたけれど
立ち止まってじっくり自分を見る機会をくれた
大ピンチ(*プロローグ6を読んでね!)の陰にGiftが待っていた^^

どうにもならないと思っていた大ピンチも
光の面を見ていくー
見たい世界を創ると決めた時から全て好転し
この第二のゼロポイントが始まった。

好き(大切なもの)を、何度も経験していくと
自分の嫌い・苦手も分かるようになり

できないものは No!
苦手なものは助けてと伝え
良い悪いを捨て、楽しいを選択できる。

関係性の中で引っ張られやすくなる相手と自分の境界線も
自分の輪郭のようなものを思い出すことで
相手の問題を自分がどうにかしようとしてしまうことや
またはその逆、自分の領域に踏み込まれたって感じることも
自分で調整できる。(まだ時間かかるけどww 自分で気づける^^)

私が目指すのは自立。
自立したもの同士が、ある時には一緒に創り上げ
それぞれに戻っていく関係。

癒着も重ね合わせもない、融合。

そう、撮影現場のように。

それには、やっぱり自分の好きを知ること。
自分の内側を知ること。

輪郭を大切にするために
注意を自分へ向ける。
リラックスして♡


*photo by Fragrasense  : Keiko Kobayashi   Miki Wtanabe  Yukari Nakayama   Ai Stho

フラットゼロポイント

立ち止まり、自分の選択する力を確認する。
自分を見つめ、向き合い、すでにあるモノを認め、愛してあげる。
自分の周りを整え、作りたい関係を選ぶ。

なぜなら
自分と似たものを集め、注意を向けたものが大きくなること
体験してきたから。

私も家族も幸せになるには、豊かになるには、望む人生を送るには
足りないものを手に入れて
解決しなければならないものがたくさんあると思っていた。
足りないもの
解決しなければならないものに注意を向けていたことで
望み通り次から次へ
足りないものや解決しなければならないものがやってくる。
そんなループから抜け出して、

立ち止まる。

何がおこっているのかを感じる。向き合う。

本当に大きくしたいことは何か?に注意を向け
自分は何を集めたいのか?を確認する。

自分自身に本当に必要なものは何か?
それはどうしたら手に入るか?
それを使ってどこでどのように生きていくのかを、選び抜く。

そして
みぞおちにストレートに落ちる感覚を信じて
1つ1つ 自分の一部にしていく。

そのために、立ち止まって味わう。
ただ気づいて、
「あぁ、私は今、こんな風に思っているんだな」と、
丁寧に認めてあげる。


*photo by Fragrasense  : Keiko Kobayashi   Miki Wtanabe  Yukari Nakayama   Ai Stho

今もこれからも

好きを集めていたら
カタチに囚われないものが好きなんだと気づいた^^

使う人、用途などによって様々なもの・カタチになるもの。
プロローグ1から感じていた、人と違うものが好きというのも
今の好きと共通しているのかなww

 

私は、今もこれからもずっと
その時々に合せ、自由自在にカタチを変えて
川の流れのようによどみなく流れ続ける。

触って組み合わせて生み出していくLiveな瞬間を
たくさん味わう。
たくさん届ける。

好きを道しるべに

Fragrasense(フレグラッセンス)に生きる!

 

*この感覚を思い出させてくれたFragrasense創立メンバーにたくさんの感謝と愛をこめて♡

 

 

友だち追加
”カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき” 冊子プレゼント中!