お勧め小物⑧★映えない置き画をカッティングボードで映える撮り方に!

karistylingの中山ユカリです。

私の経験から選んだ、スタイリングお勧め小物ベスト9

レッスンでもお勧めしている小物ベスト9は、
何度使っても何と組み合わせてもバッチリ!
9アイテム
同士も相性が良いという視点でセレクトしています。

どんな小物を準備すれば良いの?と迷った方は、まずはこの9アイテムを揃えるとスタイリングが楽しくなりますよ!

今日、お勧めするのは 
「板・カッティングボード」です。
*その他のお勧め小物、それぞれの使い方はこちらから見れます(随時加筆)

カッティングボードといっても素材、大きさや形もさまざま。

最初に選ぶならどんなものにすれば良いのか、迷いますよね。
ポイントを以下にまとめました。

1. 種類

カッティングボードの素材で最初に思い出すのは「木」ですよね。

ナチュラルなイメージ作りに最適で、スタイリングでは使いやすいアイテムです。

木の種類では、イタリアのArte Legno(アルテレニョ)などのオリーブアカシアも人気ですね。

Design by Yukari Nakayama

 

カッティングボードも、ナチュラルな形のものや素朴な素材耳付き(外側の樹皮が付いている)のものなど種類も豊富です。

国産の天然木ひのきけやきなどの一枚板も見逃せませんね!
木の形、色や木目などはそれぞれに違います。

このような表情は、天然ならではの1点ものなので、美しいと思ったものに巡りあったら、即買いをお勧めします。

ちなみに、私が使っているお気に入りの一枚板はこちらです。
かっぱ橋道具街で見つけました!

Styling by Yukari Nakayama

 

また、ちょっと目先を変えるだけで、
意外な素材もボードとして活躍します。

最近よく見かけるのはスレート
ゴツゴツした黒い石のような素材のボードです。

最近では、100圴、300均ショップでも見かけるようになりましたね。
円形や正方形もあります!

Styling by Yukari Nakayama

さらに、石や大理石などもボードとして使うと、
とても印象的なスタイリングを作れます。

大人っぽい、クールでモダンなイメージを作りたい時にお勧めです。

Styling by Yukari Nakayama

2. 最初に買うならこれ!

やっぱりコレ、耳付き一枚板です。

長く使えて、用途の範囲も広いです。

食材やスイーツなどを載せて
スタイリングすることもできますし、
板そのものとして使うこともできます。

また、棚に見立てたり、縦・横・斜めなど使う角度でイメージに変化をつけられることも重宝しますね。

なんといっても飽きがこない!
繰り返し使える有能なアイテムです。

Styling by Yukari Nakayama

 

そうはいっても、耳付き一枚板を手に入れることが難しい環境でしたら、
食器や雑貨店に置いてある自然木のまな板も良いですよ。

また、イメージに沿っていれば、キッチン用品として扱われていないものでも利用できます。

せっかく揃えるのですから最初の1枚は、お気に入りを手に入れてくださいね!

3. 使い方

画面のなかで、縦?または、横で使うのか!?
まずは、置き方で印象が変わります

次に、ボードの上に何を置くか?
ボードの下にも何かを置くのか?
ここを調整します。

ボードの上に載せるものが主役の場合、ここのセレクトは重要ですね。

カッティングボードは、それだけで存在感が出ますので、他の小物とのバランスを調整します。

最後に、主役と合わせた時、主役の引き立て役になっているかを確認します。

4. ポイントと注意点

◆最初の1枚
・耳付き一枚板、まな板サイズの板
・食器として扱っていなくても良い。

◆注意:
木目の表情は1点ものです。
気に入って価格との折り合いがつけば、即買いをお勧めします。

デザイン性の高いものや素材違いのものは、ここでお伝えしたものを使った後に準備すると良いですよ。
やっぱり必要と思った時に準備すると無駄がありません

Styling by Yukari Nakayama

 

*ブログで紹介している内容は、よくあるパターンに厳選しています。
状況に合わせて限りなく方法がありますので、その辺りはレッスンで詳しくお伝えしています。

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
結ぶ〜青写真プロジェクト〜

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です