インスタ映えはどっち!?ドライフラワー・生花★テーブルフォト撮影

karistyling の中山ユカリです 

雑貨だけではなんとなく色気がない。
そんな時、やっぱりお花は万能です。

「困ったらグリーン」と言われるほど、スタイリングには欠かせないアイテムなのですよ。

生花は、写真にすると小さいものでも力強さを感じさせてくれます。

今回は、保存版★中山ユカリがお勧めするスタイリング小物ベスト9
4つ目のアイテム「生花またはドライフラワー」についてです。

1. 生命力

Styling by Yukari Nakayama

 

私の場合、意図する使い方以外は、生花、ドライフラワーやブリザーブドフラワーを使います。

何が違うのか!
それは、生命力です。

「映るのはほんのちょっとだから・・・」
そう思っていませんか?

写真だからこそ、言葉だけでは伝えきれないものが、伝わりやすいのです。

ほんのちょっとだからこそ、イメージを伝えるためにはその小さな量からもしっかりと伝わるものが必要なのです。

季節などのタイミングで使いたいお花がない場合は、
ドライフラワーやブリザーブドフラワーを準備しましょう。

最近ではドライフラワーの種類も豊富です。

染色水を使って、お花を好きな色に染める手法もありますよね。
この方法で作られたドライフラワーは、色落ちも少ないですよ。

アーティフィシャルを使う場合は、遠くに雰囲気で入れる。
また、どうしても使う必要がある場合は、ブーケなどに生花とブレンドして使うことをお勧めします。

*主役の小物としてお花を使うことを想定してお伝えしています。

2.使い方

使い方は2通りあります。

1.フラワーベースに挿したまま使う
2.お花のみをそのまま使う

私は、2の方法がほとんどですが、どんなイメージで見せたいかを優先に考えます。

1は、リビングなどお気に入りの場所を切りとったような写真にする場合に向いています。
2は、スタイリング小物の1つとして、とらえた使い方です。

お花には、生命力の期限があります。
ですから、3段階に分けてスタイリングにつかいます。

1.元気なうちに、生き生きとしたスタイリングにつかう。
2.枯れぎわ


少しづつ元気がなくなってきますが、それはそれで枯れぎわの美しさも良いものです。
写真のチューリップはちょうどその頃です。

Styling by Yukari Nakayama

 

3.後半


花びらが、落ちるようになったり、少し触れただけでパラパラと散る。
このようになったら、
花びらを使ったスタイリングをすると、印象的な1枚が作れますよ。

Styling by Yukari Nakayama

 

私は、お花が元気なうちに、花部分だけを切ったり、花びらをちぎるなどするのが、どうも苦手なので、この順番でつかうことがほとんどです。

散った花びらはドライにして、綺麗に色が出たものは、スタイリング小物として使います。

このような、時間の経過を楽しみながら、生命力と共にスタイリングにしていくことも、生花ならではの楽しみ方ですよ!

ドライフラワーは主に、素朴でナチュラルな雰囲気を出したい時、アンティークなイメージに使います。
ラベンダー、秋紫陽花やユーカリなどが使いやすいです。

ブリザーブドフラワーは、生花に似た柔らかさがあり、色が薄いです。
シャビーシックなイメージなど、優しさを残して大人っぽくしたい時などに良いですね。

*私個人の作品としてスタイリングする場合の作り方でお伝えしています。

3.まとめ

使い方

1. ライフスタイルの切り取りに向いている➡︎フラワーベースにさしたまま使う
2.スタイリング小物として使う➡︎お花のみをそのまま使う

3段階でスタイリングする

1.元気な生き生きとしている時
2.元気がなくなり始めた頃
3.後半

・花びらだけのスタイリングも印象的。

・散った花びらはドライにすると、スタイリング小物としても使える。

Styling by Yukari Nakayama

 

グリーンなどの観葉植物も良いですね。

フラワーコーディネーターの友人から、観葉植物は水と太陽があれば育つと教えてもらったので、
私は、アイビーや株分けしたモンステラを水栽培しています。

フラワーベースに挿しておくだけで、気軽に育てられますよ。
ご興味ある方は、トライしてくださいね!

 

このブログでは一般的な内容をお伝えしています。
レッスンではそれぞれの状況にぴったりなスタイリングを丁寧にお伝えしています。
ご興味のある方はぜひご参加ください!

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
企業さま向けSNSスタイリングフォトサポート

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です