コツは画角!テーブルフォトの撮り方★俯瞰の写真もOK★東京

karistyling の中山ユカリです。

スタイリングフォトで重要なのは、被写体(商品など *以下、主役と書きます)と小物の組み合わだけではありません。

特に、「主役と画角(がかく)との組み合わせは、写真の印象と直結します。 

組み合わせというと、カメラをお仕事にされている方からすると少し違和感があるかもしれませんが、これはスタイリストならではの視点です。 

私は、画角をスタイリングを魅力的に見せる技術の一つ捉えています。 

この画角は、どのアングル「真俯瞰(まふかん)、斜俯瞰(しゃふかん)、真横」でも共通です。

さて、その画角ですが、 

撮影した写真をみて、何か違う感じる場合、「画角」に原因があること結構多いのです。 

1. 画角とは

絵を描くときなどに両手の親指と人差し指で四角い枠を作り、
前後に動かして描く範囲を決めるといった動作、やったことありませんか? 

指で作った枠に主役を入れて前後に動かすと、枠内に入る範囲が変わります。

枠を主役に近づけると主役が枠内に大きく写り込み、
枠を主役から遠ざけると主役は小さくなり、背景など広い範囲が枠の中に入りますよね。

この枠内に入る範囲が「画角」です。

2. 違和感

物撮り(ブツどり:商品などの小物を撮影すること)は背景を作って撮影します。 

主役と小物が枠内に入る大きさは、背景の大きさに左右されます。 

A : Styling by Yuco
B : Styling by Yuco

あなたがイメージしているのは A の写真なのに、撮影してみると B の写真のようにしか撮れない。 

こんな経験ありませんか? 

合わせた小物も背景もイメージ通りなのに、出来上がった写真が 

「なんか違う・・・」 

違和感は「画角」にあるのかもしれません。 

そしてその原因は、背景の作り方にあります。

*この写真は、現在、化粧品やFoodのスタイリンングフォト撮影で活躍しているコースレッスン卒業生 プロダクトスタイリストYucoさんの作品。ベーシックコースを始めた頃のスタイリングです。
写真利用の承諾で連絡をしつつ、「懐かしいね〜」としみじみしました笑

3. そのサイズ、あっていますか?

どんなアングルにも共通することは 

「主役と合わせたい小物の数、大きさや高さで背景の大きさと高さも変わる」ということです。 

主役が大きければ、背景も大きさが必要で、主役に高さが出れば、背景も高い物が必要です。 

ジュエリーのように小さなアイテムはそれほど背景の大きさは必要ありません。

けれども、バッグのように立体感があるものになると、背景にも長さ、幅や高さが必要になります。 

そこで、バッグに合わせた大きなサイズの背景を準備すれば OK です。 

ですが、なんとか間に合わせて撮ろうとすると・・・

背景が小さい
小さい背景に合わせて撮影

こうなります。 

このような写真がお好みの方もいらっしゃるでしょうが、
これでは、スタイリングフォトとは程遠い、記録用の写真になりますね。

背景に余裕があれば、イメージ通りに画面へ入れられるものも、背景が足りなかっただけで、思い通りのイメージ写真が撮れない。 

これ、ものすごくもったいないです! 

4. 背景はケチらない

「やっぱり、背景はたくさん持ってなきゃいけないよね・・・」。

「この間買った背景、使ってないなぁ・・・」。 

「買ったはいいけど置き場所がないかも・・・」。 

これはすべて、画角とズレを起こし始める合図です。

なんとなく、流行っているからという理由で購入した背景は使いにくいですよ。 

背景は、撮影したい主役のイメージをベースに、テイストを厳選してください。 

100円均一など、手軽に手に入るもので揃えるのか。
テイストに拘って揃えるか。

ここは、分かれ目ですね!
なぜなら!?
背景8割だからです。
*「スタイリングフォトの8割が決まる超重要アイテム★背景の基本」こちらに詳しく書きました。

また、ストック場所を確保しておきましょう。
合わせたい小物、いつも合わせている小物の大きさや数も考慮しておくと、小物選びに迷わなくなりますよ。

購入する際に、どっちのサイズが良いかな?と迷ったら、大きめを選んでくださいね。  

Styling by Karistyling

あなたのブランドイメージが決まる大切なアイテムです。 

お気に入りの背景が見つかったら、そこはフンパツしましょう。

レッスンでは、「スタイリング視点」を中心にお伝えしています。

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
結ぶ〜青写真プロジェクト〜
karistyling photo's STORE

公式LINE

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です