スタイリングフォトの8割が決まる超重要アイテム★背景の基本

 Karistylingの中山ユカリです。 

スタイリングを美しく魅せる上で、背景は必須アイテムの一つです。 

もう知っているよ!と思った方 
「背景8割」ということご存知でしたか? 

オリジナリティーを求められる今、 
あなたの写真を、スクロールを止める気になるスタイリングフォトにすることは、
メッセージを発信する上で効果抜群です

とは言っても、 
なかなか思い通りにならないものですよね。 

何枚撮っても、いまいちピンとこなくて 
これでいっか・・・と妥協して投稿するという経験ありませんか? 

そこで今日は、
200名に近い方に教えてきた中で、とても大切だと思ったこと。

「背景の役割」についてお伝えします。

1. そもそも背景とは?

背景とは、 
撮影小物の背後の色、素材、様子のことです。 

バック材とも言います。 

最近では 壁紙を使うことが増えました。 

リメイクシートという名前で、100円均一などでも簡単に手に入るようになりましたね。  

 

レッスンでは、 

「背景は壁紙じゃないとダメですか?」 

という質問がよく出るのですが、そんなことはありません。 

「スタイリングボード」と言って 
撮影のためだけの壁のようなものもあります。 

あらゆるテイストが揃っているので、とてもイメージを作りやすいというメリットがあります 

スタイリングボード by karistyling

背景には、 
あなたのイメージに合うものであれば、何を使っても構いません。 

こんな風に考えると 
これから見るスタイリングフォトの視点が 
ちょっと変わりますよね。

素敵だなぁと感じる写真で、
どんな背景が使用されているのかをリサーチするのも楽しいですよ!

2. 背景8割

背景は写真の脇役のように感じるかもしれませんが、実はとても重要な役割なのです。 

スタイリングフォトのイメージ 
背景が約8割を占める」
とも言われているほどです。 

写真を見る時、 人は無意識に、 
写っている小物より先に、 
写真全体を認識するものです。

そしてその瞬時に 自分が好きなイメージか否かを判断しているのです。 

ですから、背景とは、 
写真の好き嫌いを左右するとても重要な要素なのです。

3. 背景を考えずにスタイリングすると・・・

写真が当たり前になった今 
メモ代わりに写真を撮るという経験ありませんか?

お店などで品番や商品を記憶するのに、 
タグや値段などを、スマホでパシャっと撮ることありますよね。 

メモ代わりに撮った写真

そんな時でも 
商品やタグの文字がしっかり見えるように、少しでもすっきりした場所や角度を探していると思いま す。 

だとしたら、 
自分の世界観を発信するスタイリングフォトなのに、

メインアイテムやイメージとは、まったく関係ないものが入っていたり、 
まったく
イメージの違う背景で作られていスタイリングだとしたら、
メッセージを的確に発信することができなくなります。 

メモ程度のメッセージを発信をしたいと思っている方なんていませんよね。

4. 背景の手抜きは厳禁!

メッセージを発信できるスタイリングを作るには、 
背景を手抜きしないで作ることが鉄則です。 

具体的な選び方ですが、 
もっと自由に、自分のイメージ通りになる背景素材を選んでみてください。 

背景には、こんな素材を使えますよ。 

壁紙 
リメイクシート


スタイリングボード 
色画用紙など

もし、あなたがスタイリングしたときに、 
「いまいちピンとこない」 

「なんだか雑然としている」 

「何を撮っているのかわかりにくい」 

感じたのであれば、

それは、背景が違うのかも知れません。 

by karistyling

「背景は手抜きせず作る」 

それだけで、 
イメージどおりのスタイリングになりますよ。

レッスンメニューはこちらからご覧ください
Karistyling Photo's STORE

見るだけですぐに再現できる!
https://line.me/R/ti/p/%40nby5437v
”カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき”
無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です