コレ基本!テーブルフォトを格上げする★自然光の室内撮影

karistyling の中山ユカリです 。

撮影をするとき、スタイリングと同じくらい意識していることがあります。
それは「光」です。

私がインスタやHPに掲載しているスタイリングフォトは、全て自然光で撮っています。

場所は、自宅です。

実は、自然光を意識するだけで、さらに魅力的なスタイリングフォトを作れるようになるのです。

今日は、自宅ですぐに再現できる、自然光で小物を撮るポイントをお伝えします。

あなたのスタイリングフォトが激変しますよ!

1. 撮影前の準備

自然光を使いますから、撮影できる時間帯は日中です。

1) 家の中で、光がたくさん入ってくる場所を探します。主に窓ぎわですね。

2) 見つかった場所に、被写体(商品 *以下、主役とよびます)と小物が全て乗せられるサイズのテーブルを持っていきます。

*折りたたみ式やワークレッグのように収納可能なものをお勧めします。
ワークレッグについてはこちらで詳しく書いています。

3) 窓についているレースのカーテンを閉めます。
直射日光で撮影すると、陰影がつきすぎて、主役が美しく撮れなくなるからです。

*影を強く入れたスタイリングフォトを撮影するという意図がある場合は別です。

直射日光で撮影したスタイリングフォト

 

この写真からも分かるように、それぞれの影が強く出ているので、視点が落ち着きませんね。
また、小物や外の柱など、影も複数が重なっています。
写真全体で、光の強さのバランスがとれていないところも気になります。

*その日のお天気にもよりますので、レッスンではこの辺りの見極めを状況に合わせてお伝えしています。

2.基本のき

さらに、もう1つのポイント!

部屋の電気は消します

真夏のようなお天気ばかりではないですよね。
曇りや雨の日、季節によっては、思うような光ではない時もあります。

そんな時、部屋の電気をつけていませんか?
または夜、部屋の電気で撮影をしていませんか?

これは、絶対NGです!!


NGの理由

1) 部屋の電気には色がついています。
その電気の色が主役にうつって、正確な色で撮影できない。

2) 背景や小物に不自然な陰影がつく。
また、自分やカメラの影も入りやすい。

3) 部屋のライトは上からのみで角度調整ができず、全体的にフラットな雰囲気の写真になる。

部屋の電気で撮影したスタイリングフォト

この写真からもわかるように、部屋の電気で撮影すると、不自然な影が出来上がります。

左端の大きな影は、撮影者自身の影です。
背景やコーンポタージュ、ハーブの発色も悪く、写真全体に立体感がなくベタッとした印象ですね。

こうなると、レタッチで修正しようとしても、どうにもなりません。

これでは、せっかくのスタイリングも台無しです。

それでは、自然光で撮影するとどうなるでしょう。

Styling by Yukari Nakayama


こちらのスタイリングフォトです。
写真全体に艶感と立体感が出てふんわりとした印象です。
コーンスープも美味しそうに見えるようになりました。

その差は歴然ですよね!

3. 伝わる光


ライティングをしない場合、
・部屋の電気は消す。

・自然光のみで撮影する。

これは、鉄則です!

自然光の良さ

1) 光が画面全体にまわり、柔らかい雰囲気で撮影できる。

2) 背景や小物の影が自然で、写真に立体感がでる。

3) 写っている小物の色やティールが正確で艶感のある美しさがでる。

 

この光の質の違いは、スタイリングの仕上がりに大きな違いが出てきます。

あなたも撮影時に、いつもより自然光を意識して撮影してみてください。

いつものスタイリングが、自分で自分に「いいね〜!」と言える1枚になりますよ!

Styling by Yukari Nakayama

 

ブログでお伝えしている方法は、基本的なものです。

実際には、その日の自然光にあわせて、テーブルの位置、高さ、光の角度や調整など、さまざまな方法を使って最高の1枚を作っています。

コースレッスンでは、あなたのブランディングに最適な表現方法をお伝えしています。

ぜひ、実際に体験してくださいね!
レッスンでお待ちしています。

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です