意外!? スタイリストというお仕事の内容

karistylingの 中山ユカリです。

スタイリングレッスンの生徒さんの
「お悩みベスト5」
その中の1つ

それは、
「スタイリングをする時、何をあわせたら良いのか、頭が固くて思いつきません
です。

お気に入りの写真を作るスキルは、
自分で自分をブランディングする上で
自分を発信する最強のツールとなります。

個性の時代である今、
自分のイメージを発信するのに、
やはり、写真は効果抜群です。

あなたのメッセージを発信して
認知度を高めるには、

「スクロールを止める写真」が大きく影響してきます。

とは言っても、
なかなか思い通りにはいかないものですよね。

スタイリングを作り始めても
時間ばかり過ぎて、
ああでもない、こうでもないと、
ずっと迷走中のまま・・・なんて経験はないでしょうか。

今日は、
これまで200人近い方に
スタイリングを教えてきた中で、

私が気付いたこと。

「スタイリングで迷走してしまう」最大の原因と、その解決方法をお伝えしたいと思います。

1. スタイリングノウハウの問題ではない!

もしも、
何か撮りたい小物があるのに
何をどうすればよいかわからず、
手が動かない、
まったくスタイリングが進まない、
というのであれば。

その原因は、
「スタイリングを作るノウハウがないから」
ではありません。

実は、
ノウハウ以前の問題。

つまり、
「イメージが決まっていないから」です。

2. イメージを決めよう!

スタイリングでどうすればよいかわからず、
手が止まってしまう原因は、

「どんなスタイリングにするのか?」
で迷走しているのではなく、

「どんなイメージにするのか?」
で迷走しているからです。

ですから
あなたがやるべきことは、

「イメージを決める!」です。

イメージを決めないままスタイリングを始めてしまうと、撮影はできても「何かが違う」スタイリングになります。

by Karistyling

3. スタイリングのイメージを集める!

たとえば、
「歴史を感じる雰囲気のスタイリングがいいなぁ」
「よし!ヨーロッパにしよう!」
と思っても、
漠然としすぎていて、
何を準備すれば良いか困りますよね?

スタイリングの準備で一番重要なのは、
「イメージを集めること」です。

イメージ集めは、連想ゲームの要領で。
自分の頭の中で好きな風に広げて、
次々とイメージをつなげていくのです。

イメージが膨らんできたら、準備完了!

その中から、
「これとこれを一緒に使うと、おもしろそうだ」
「これを使うと、美しくなりそうだ」

と使えるイメージを選んで組み合わせ、
どれをどこに置くのか
を決めるのです。

4. 実は少ない「スタイリングを作る時間」

スタイリストの業務のほとんどを占めているのが、イメージ作りです。

スタイリストの仕事は
「小物を綺麗にスタイリングすること」、

と思われがちですが、実は違うのです。

たとえば、
Webサイトのヘッダページの
スタイリングのお仕事を依頼され、

撮影日まで2週間あるとします。

最初の10日前後は、何をしているかというと・・・。

イメージ探しです!

マーケティングでいうと、「リサーチ」のようなものですね。

残りの日数で
実際の小物集めとその組み合わせ、撮影。

このように、ほとんどの時間をイメージ集めに費やしているのです。

イメージを膨らませ、
そこから厳選し、組み合わせていき、

それをうまく伝えてくれる小物を配置して、
美しく魅せる。

これがスタイリストの仕事です。

by Karistyling

5. イメージがないままスタイリングすると・・・

もしも、
イメージがない状態でスタイリングてしまうと、どうなるでしょうか?

「カタログ写真や記録写真」ができあがります。

つまり、
「撮るべき被写体が写っている写真」です。

カタログ写真や記録写真では、
現実に近く正確であり、
イメージを膨らませないことを求められます。

そこには、
あなたの伝えたいメッセージが入る余地はなく、
オリジナリティも存在しません。

6. スクロールを止める写真の条件

目を引き、スクロールを止める写真を作るには、
オリジナリティが条件になります。

なぜなら、
見る人の頭の中にない感覚が目の前に現れた瞬間、
スクロールする手が思わず止まるからです。

そして、
オリジナリティの源泉となるのが、
あなたのイメージです。

ですから、
あなたの内面から浮かび上がってきたイメージに、自信を持ってください。

あとは、
それを追いかけるだけです。

もしあなたが
「センスがない」
「感覚派ではない」
「どうしたらよいかわからない」
と困っているなら、まずはひと呼吸。

それから、イメージを集めてみてください。

もちろん、
「いつも同じイメージになってしまう」
というお悩みもありますよね。

そうすると、
どうスタイリングしたところで、
「どこかで見た写真」になってしまいます。

もっと自由に!
イメージを羽ばたかせてください! 

そうするだけで自然と、
スクロールを止めるスタイリングになりますよ。

今回は、
イメージすることの大切さをお伝えしました。
どうぞ、実践してみてください。

レッスンメニューはこちらからご覧ください
Karistyling Photo's STORE

見るだけですぐに再現できる!
LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40nby5437v
“カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき” 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です