Karistylingという名前の由来★ちょい素敵な相手の本音!?

karistyling(カーリスタイリング)という名前は、私の名前から付けました。

私の名前はユカリ。 

ユカリの「ユ」をとって、「カーリ」す。 
これは、6 つ違いの兄が付けてくれたあだ名で、家族の中でも兄だけが私を「カーリ」と呼んでいました

兄は愛着をこめて「カーリ」と呼んでいたのでしょうけど、
末っ子の私にとって 6 つ違いの兄は怖い存在で、大嫌いで
した。
体や声も大きくて乱暴な言葉を使う兄は両親や祖父母とは違う
大人」だったのです。

1. 封印

私は結婚後、スタイリストを封印した時期があります。

仕事がら、定時や決まった休みなどなく、早朝からの仕事や 24 時をすぎる終了時間も珍し くない私の世界と、地域に根付いた会社を経営し週末休み、極力残業はしない夫の世界はまるで違 っていました。 

でも、当時の私は、「結婚=相手の色に染まること」だと思っていましたから、 スタイリストを廃業。 

その結果、自己肯定感を完全に失いパニック障害へと陥りました。 

プロフィールに詳しく書いていますので、読んでいただけると嬉しいです。

_DSF9059
Styling by Karistyling

 

どうにもならないほど悪化した頃、知り合いのカウンセラーに初めて助けを求めました。

カウンセリングではグループカウンセリングの機会もあったのですが、

その時、自分に好きな名前をつけてねと言われ、思いついた名前が「カーリ」だったので す。 

それまではすっかり忘れていたあだ名を急に思い出したのです。 

2. Re スタート

今から思うと、当時の私は1 人の人間になりたかったのだと思います。
母、妻、スタイリスト
である前に、「ユカリ」であるということを味わいたかったのでしょう。

カウンセリングで「カーリと呼ばれるたびに、怖い存在だった兄のことが思い出されました。

けれども同時に、役割のような縛りから解き放たれる、開放感に似たものも感じました。
そして、あのころ大嫌いだった兄が愛着を込めてカーリと呼んでいたことも。

CF34C693-C84C-4E80-AB14-5E88290B9F79-10342-000008009D68AE64
Styling by Karistyling

 

小学生の頃、兄がBar(のようなところ)へ連れていってくれたことがあります。

もちろん、昼間でしたのでお店は準備中。
お客は兄と私だけでした。
オレンジジュースを頼んだ私に、
「そんなんでいいのか?」と、大笑いしていた兄。
その時飲んだオレンジジュースが高級な味がしたこと、初めて味わう大人の空間兄とカウンターのお姉さんが遠い存在に感じたこと。
とても居心地が悪かったという記憶。

その時のいたたまれない気持ちを、大人になってから話したことがあります。

兄は、自分の仲間に紹介したかったというのです。

そういえば、兄の友達が家に遊びにきた時に必ず呼ばれて、
「俺の一番下のチビ」。
と、兄の友達に伝えた後、何かしら用事を言われるのが嫌だったなぁと思い出しました。

兄にとっては可愛い妹の紹介をしたいと思っていたのでしょうが、当時の私には全く伝わっていませんでした。

大人になった今、
乱暴だと思っていた言葉遣いや大きな声は、優しくすることへの恥ずかしさの裏返しだということも、理解しています。
兄にとって6歳下の私は、今でも「俺の一番下のチビ」であり、俺の可愛い妹「カーリ」なのです。

そして、私のReスタートの良き理解者であり、
「カーリはできる」ということを信頼している最初の応援者でもあります。

3. 目指す世界

カーリ」という私のあだ名は、私はひとりの人間なのだ、といういうことを思い出させてくれました。

そして、スタイリストとしての仕事を再開し、屋号を決めようと思ったとき、まっ先にうかんだのがこの名前でした。
スタイリングは、私にとって欠かせない大切なものだ
いうことも、再認識させてくれました。

「ひとりの人間として、自分の想いを表現する」

その想いをスタイリングフォトにのせて、同じように悩んでいるかも知れないあなた届けたい。 

あなたとあなたを探している人をつなげたい 

そういう私の想いがつまった名前です。

FullSizeRender (3)のコピー
Styling by Karistyling

 

今、 Karistylingのスタイリングが好きといってくれる方々に出会っています。 

オリジナルスタイリングフォトを作って欲しいといってくれる方がいます。

スタイリングを依頼してくださる企業があります。 

共感してスタイリングを伝えている仲間もできました。 

いろんな業界とスタイリングを融合させたいという、私がReスタートした時に目指した未来を体験できていることに感謝しています。

 

これまでいろいろな企業が、スタイリングという仕事を通じて、私をスタイリストとして育ててくれした。

今度は私企業何かできるのではないか。 

先人の大切な思い、知恵と技術を引き継ぎ、変わりゆく時代を乗り切ろうとしている企業のサポートができるのではないか。 

スタイリングフォトはその一助となれるのではないだろうか。

このような思いから、スタイリングを通して企業をサポートする取り組みも進めています。

Reスタートした出会いから頂いた勇気と自信をしっかり受け取って、 1 歩ずつ進んでいます。

 

私がReスタートできたのは、つながってくれた皆さまのおかげです。 

大きな勇気と自信をくださったこと、本当に感謝しております。 

兄がくれた「カーリ」というあだ名から生まれた Karistyling という名前。 
これは私の原点です 

この名前と共に、スタイリングの初心を忘れることなく、これからも 1 歩ずつ進んでいきたいと思っています。

Photo by Soga Rie
結ぶ〜青写真プロジェクト〜
スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
karistyling photo's STORE

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です