スマホカメラの特徴を知ろう★広角レンズの使い方★iphon

karistylingの中山ユカリです。

スタイリングは
主役(商品、紹介したい物)の魅力を引き出して、イメージどおりに撮影する技法です。

あなたが持っている商品やスキル。
それを美しい写真に撮れる。

そして
その魅力を世の中に伝える。
その時はじめて、写真からあなたの魅力が伝わるのです。

ですから、
あなたが伝えたい人が見るのは、あなたの写真です。

 

スタイリングを作る上で、カメラについて「基本のき」くらいが頭に入っていると、スタイリングの幅が広がりますので、
見る人の潜在意識に響くスタイリングフォトへの近道となるのです。

今日は、スタイリスト視点からみたスマホカメラのレンズの特徴について書きます。

今回の「基本のき:基本編」と、
次回の「基本のき:応用編」の2回に分けて書きますね!

*カメラ講座では違う視点からお伝えするでしょうが、あくまでもスタイリングをお伝えするためのポイントに絞っています。

1. レンズの特徴

スマホカメラの特徴は広角レンズを使っていることです。
特徴は3つあります。

① 広い範囲が写る(画角が広い)

*画角(がかく)については「コツは画角!テーブルフォトの撮り方★俯瞰の写真もOK★東京に詳しく書きました。

一眼レフでよく使われる望遠や標準レンズに比べて、より広い範囲を撮影することができます

ただし、広角レンズで撮影すると、画面の端が伸びるので、形が歪みやすくなります。

スマホで撮影

上の写真からもわかるように、スマホの下の部分。
本来の形より左右が伸びて歪み、台形のような形になっています。

みなさんもパソコンや手帳などを撮影された時に経験ありますよね。

最近では、スマホ写真に見慣れている方も多く、違和感を感じない方も増えました。

しかし、写真やカメラで長年仕事をされている方が見ると、すぐにわかるのですよ!

趣味で投稿されているブログやSNSでも、このようなところを配慮した写真を使っていると、信頼度もUPしますよね。

 

ところで、この歪みを少なくする方法があるのです。

そのまま撮影
ズームで撮影

 

いかがですか?

歪みは広角レンズの特徴なので、完全に無くすことは難しいですが、かなり改善されますよね。

ポイントは、
遠くからズームで撮ります

1. いつもの撮影位置から約1歩後ろへ下がります。

2.そこからズームで調整します。

3. 主役を撮りたい画角に入れてパシャ!です。

そうすることで、端の歪みが少なくなるのです。

また、斜俯瞰や真横から撮影する時はスマホ カメラを水平に、また床に対して垂直になるようにスマホを持つことが基本です。

少しでもスマホが上向きや下向きになると、より画面の端の歪みが大きくなるからです。

ですから撮影をする時は、スマホをガシッと持ちましょう笑
ガシッととは!

「しっかりと包みこむように持つ」ということです。

写る範囲は、スマホカメラのレンズの高さがほぼ画像の真ん中になります。

カメラを上向きや下向きに傾けず、上下移動で調整することが大切です。
これにより、画面の端にある縦線が垂直になります。

*歪みを無くすスタイリング方法は、次回の応用編で詳しく書きますね。お楽しみに!

 ガラスのオブジェ「Fusionfactory」Styling by Yukari Nakayama

 

② ピントの合う範囲が広い

手前から奥までピントを合わせやすい徴があります。

スマホで撮影する場合、一眼レフで撮影するよりも、簡単に奥にあるモノまでピントが合います

 

ポートレート機能が出る前の話ですが、知り合いのフォトグラファーさんからこんな話を伺いました。

ロケでのポートレート写真を撮影されたのですが、
クライアントさんに写真をお見せした時
「ピントが合っていない」と言われたそうです。

使用レンズにもよりますが、
ピントを合わせた人物以外の風景などは、
その物との距離によってボケるのは当然ですよね。

スマホカメラに慣れていると、
ボケが違和感となるほど広角レンズの見え方に慣れているんだね〜と、
しみじみした出来事でした。笑

今では、
ポートレート機能やF値を調整できたり、スマホでもボケが復活しましたね。

 

ピントが奥まで合いやすいという特徴を使うと小物をどこまで見せたいか、イメージに沿ったスタイリングをさらに印象つけることができます。

奥までピントが合っている
野いちごにピントが合っている

 

③ 遠近感を強調することができる

何といっても、広角レンズの大きな特徴は、近い被写体が大きく、遠くの被写体は小さく写ることです。

みなさんも、ビルや大木など下から見上げるように撮って、迫力ある一枚を撮影した経験、ありますよね。

この特徴をスタイリングフォトにも利用して、いつもとはひと違う、迫力を感じさせるスタイリングフォトを作ることができます。

Styling by Yukari Nakayama

2. まとめ

スタイリングは主役の魅力を引き出して、イメージどおりに撮影する技法です。

けれども同時に、
写真のことをほんの少しだけ分かっていると、あなたが伝えたいイメージを、よりオシャレに具現化できるようになるのです。

なんとなく並べて作るスタイリングとの違いは、写真やスタイリングの知識とその使い方のバリエーションなのです。

レッスンでは、オリジナルテキストを使って1人1人に合った見せ方をお伝えしています。

Styling by Yukari Nakayama

スタイリングフォトは、
主役のイメージを伝える小物との組み合わせだけではありません。

思いが伝わるスタイリングフォトには、
さまざまな組み合わせ方法があるのです。

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます

公式LINE

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です