スタイリングの鉄則★撮影前に絶対にやるべき大切なこと

karistyling の中山ユカリです。

ご存知でしたか?
「スタイリングは、あくまでもメインの脇役」
なのです。

では、主役は何でしょう?

今日は
スタイリングの位置付けについて
お伝えします。

1 スタイリングとは?

スタイリングとは、
「主役を美しく魅せる」ための必須ツールです。

では、主役とは何でしょうか?
何を美しく魅せるのでしょうか?

それは、
商品やブランドイメージです。

これ、当たり前の話ですが、
スタイリングを作り始めて迷走してしまうと、簡単にこのことを忘れてしまうケースが多々あります。

by karistyling

 

たとえば、
商品のスタイリングをする場合、
主役である商品よりも、小物が目立ってしまう。
これでは、何のスタイリングかわからない写真になります。

また、
実体のない情報やブランドイメージを写真で伝えている方は、小物をあれこれ使いすぎる。

これでは、
イメージが広がりすぎてしまい、
本当に伝えたいメッセージが伝わりません。

2.「伝えたいもの」が スタイリングの主役

スタイリングしたその中に、
オリジナリティーが入っているものを、

「スタイリングフォト」と呼びます。

オリジナリティーの中には、
伝えたいあなたのメッセージも含まれています。

具体的な物だけでなく、
ブランドイメージやコンセプトを
発信したい場合も多
いことでしょう。

ですから当然、スタイリングの主役は、
「伝えたいもの」になります。

これは、
実体のある商品のスタイリングと、
実体のない情報やブランドイメージのスタイリングの両方に当てはまります。

いずれの場合も、「主役が不在のスタイリング」ということはありえません。

3. 主役を決めないままスタイリングすると・・・

もしも、
主役を決めないままスタイリングしてしまうと、どうなるでしょうか?
「メリハリのない、なんとなく撮っている写真」ができあがります。

主役を決めずなんとなく撮ったスタイリングフォト
主役を決めて撮ったスタイリングフォト①
主役を決めて撮ったスタイリングフォト②

 

つまり、
「背景用に最適なスタイリングフォト」です。

背景用に最適なスタイリングフォトの多くは、
できる限り主張せず、
目を引くものが入っていないことを求められます。

そこには、
主役は存在しません。

4. スタイリング前に絶対にやっておくべき大切なこと

スタイリングを作る目的は、
「主役」を写真で発信することにあります。

あなたが伝えたいことは、その「主役」そのものです。

そして、主役を
あなたのイメージ通りに、より美しく魅せるのが、小物になります。

主役は、実体のある商品はもちろん、
ブランドイメージ、情報、コンセプト、感情など、実体のないものも含まれます。

まずは、
あなたの主役にとなるものをビシッと決めてください。

それから、
スタイリングを作り始めましょう。

その作業を省くと、
「邪魔にならない写真」になってしまいます。

「主役を決める」。

ただそれだけで、
スクロールを止めるスタイリングになりますよ。

今回は、
主役をビシっと決めることの大切さをお伝えしました。
どうぞ、実践してくださいね。

by karistyling
スタイリングメニューはこちらからご覧いただけます
Karistyling Photo's STORE

見るだけですぐに再現できる!
LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40nby5437v
“カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき”
無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です