レッスン動画制作で分かった私の本音3つ★テーブルフォト・ブツ撮り

karistyling の中山ユカリです 。

毎月2回開催、スタイリングの作り方を伝える 1Dayスタイリングレッスン。

「すぐに満席になるから」との嬉しいご意見もいただいていますが、6月からは動画でも学べるようになります!

LINE公式に登録いただいているメンバーさんには、特典付きで先行にお知らせしたいなぁと思っています^^

さて、撮られることが苦手な私が、なぜ動画を作ろうと思ったのか。

私がレッスンを重ねていくあいだ、いくつかの変化があったので、動画制作で感じたことを含めてまとめました。

Photo by Kana Yuzuki
Photo by Kana Yuzuki
Photo by Kana Yuzuki

*レッスンに駆けつけてくれた卒業生 Kana Yuzukiさんがたくさん写真を撮ってくれた一部です。
*スペース:ENNESTE エンネシュテ

始まりはタイミング

タイミングが合った時は、状況や心の準備などに関係なく、先に周りがどんどん進んでいく。
私はアタフタしながらその時間に合わせて急ピッチで準備を進める。

私のあるあるパターンなのです笑。

今回の始まりもそんな感じでした。

いずれは動画を作るのもアリとは思っていましたが、現実的に落としこめずにいた私。
ある会社さんと出会ったのことが始まりです。

今、お手伝いしている企業さま向けSNSサポート。
*詳しくはこちらをご覧ください「結ぶ:青写真プロジェクト」

このプロジェクトをバックアップできるかも!?という話から、「動画制作もできますよ」と提案いただいたのがきっかけです。

ちょうど同じタイミングで、ある女性雑誌の関係者さんが、私のレッスンに興味を持ってくださいました。

せっかくなら、その掲載日に間に合うように動画を作ろうということになり、プロジェクトバックアップの話が、私のレッン動画制作へ、撮影は10日後となったのです。

普段の1Dayレッスンを撮影して編集くださるというので、安心していたのですが・・・。

同じ1Dayレッスンなら対面もZOOMも動画も同じように満足して欲しいという思いがムクムクと湧きあがってきました。

そうなると、あれもこれもやりたいと、イメージが出てきてしまう。
これ、いつもの私のパターンなんですけど、こうやってレッスン内容も毎回ブラッシュアップしています。

その、ブラッシュアップしてきた内容をさらに分かりやすく整理し、必要な資料、写真とテキストを動画用に準備

動画だけの特典内容も盛り込みました。

動画の中で作るスタイリングは全て動画オリジナル作品

伝えたい内容も全て文字におこしてみました。
(全28ページ😅喋りすぎやろ)

これに英訳をつけます。

急ピッチの準備を経て、無事撮影が終わった次の日、なんと!全身筋肉痛で3キロ痩せていました〜。

動画制作ってダイエットしたい方にお勧めです笑

Styling by Yukari Nakayama

経験のコンテンツ化

タイミングで始まったかのような動画制作ですが、資料などの制作準備がきっかけとなって、今まで静かに温めてきた思いに改めて気がついたことが3つあります。

1つ目は、

自分の経験のコンテンツ化をしているんだということ。

これは私感ですが、今までと違う質が出てきたという感じです。これまでのコンテンツは体験、蓄積したノウハウを情報として捉えているという割合が多かったと思ったのです。

今回は、蓄積したノウハウを情報として伝えてきた体験も含めてまとめたという感覚に近いです。

はじめてみると、これまで体験として身について積み重なっていたものが、結構たくさんあったんだ!と、改めて実感。

さらに1つ1つ整理整頓した部分は大きく分けて3つです。

・伝える視点でさらにかみ砕いて私が理解したこと
・あなたが知りたいと思っている部分を集結する
・わかりにくい部分のスタイリングをわかりやすくする

これは、チャレンジと感動が同時に味わえた不思議な感覚でした。

今回を機に、スタイリングレッスンを動画という形でさらに蓄積する。
そして、スタイリングという新しい分野に出会ったあなたのタイミングが、動きだすきっかけになると嬉しいと思ったのです。

 

*この動画はレッスンにかけつけてくれた卒業生 わしやまあけみさんが撮影してくれました。

2. スタイリングは音楽に似ている!?

2つ目は、スタイリングは言葉をこえて通じるものなのでは?ということ。

スタイリングは、伝えたいシーンやストーリーも被写体=主役をとおして魅力的に伝える手法です。
その出来上がった画像が、スタイリングフォトと、私はお伝えしています。

ですから、言葉はいらないと思うのです。

好きなスタイリングをお手本にマネれば、なんとなく形ができあがります。

けれども、出来上がった写真だけでは、過程、方法やストーリーなど一定のノウハウポイントを抑えるには不足です。

動画はその足りない部分を埋めてくれる役目があると思うのです。

「目で見るだけでほぼ再現できる」もの。

せっかく作るなら、そんな動画をめざしたいと思ったのです。

そんなことを話していたら、動画のカメラマンさんが、ろうあ者の音楽活動をしていらっしゃるとのことで、盛り上がりました。

耳で聴く音楽を体感する。
動かして組み合わせるスタイリングを目で見る。

タイミングで始まったものは、一瞬まとまりがないように見えても、どこか深いところでつながっているものなのですよね。

想いの根っこが合っていると、カタチや見せかたが違っていても一気に溶けこめる。
想いが伝わる再確認もさせてもらいました。

全ては、ベストなタイミングでやってくる!

Styling by Yukari Nakayama

情報の使い方

3つ目は、私の体験やスキルが未来にどう生きるのか、と思ったこと。

情報は、取集するものから検索するもの、そして分別するものへと変わっています。

さらに今、記憶するものから取り出すものへ。

これからは、情報の種類を自分らしく組み合わせていくことも求められるのではないかと思うのです。

興味のある分野に詳しいことは大切です。
そこにもう1つ、
分野を増やして組み合わせることができる時代です。

異業種の融合です。

私がスタイリングレッスンを始めようと思ったのは、

スタイリングをあなたの才能と組み合わせることで、あなたが伝えたいストーリー(想い)を、あなたの商品や作品を通して、あなたが活動する分野に、魅力的に浸透していくお手伝いができるのではないかと思ったからです。

動画はその活動を、さらに広くし、垣根を低くしてくれるのでは!?と思ったのです。

好きなことを仕事にしている人も。

できることを仕事にしている人も。

その背景にストーリーがあるから伝えたいと思っているのではないでしょうか。

スタイリングは背景、ストーリーやイメージから作り込んで、主役の魅力を最大限に伝える手法です。

テーブルの上だけにおさめず、スタイリングが、あなたのライフスタイルの伴走もできたとしたら幸せだと思ったからです。

 

Styling by Yukari Nakayama

めざす世界

スタイリングを知ると、自分のイメージをカタチにできるようになります。

またスタイリングをとおして、自分から出たものに自分でOKを出す機会も増えます。

そうすることで、組み合わせ、発想や視点の引き出しが豊富になります。

めざすイメージは、自分が一番よく分かっているものです。

自分で自分にOKを出せる人を増やしたい。

動画というツールは、そのきっかけのハードルを低くしてくれると思うのです。

これが、私が動画制作をとおして認識した自分の思いです。

 

自分の人生に正解はありません。
私は、誰かの感覚を気にするのではなく、自分の感覚を信じていきたいと思っています。

Styling by Yukari Nakayama

 

長文を最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

出来上がりましたら、あなたにもお声かけさせてください。
ぜひ、お手元においてご覧くださいね。

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
企業さま向けSNSサポートプロジェクト

レッスン動画制作で分かった私の本音3つ★テーブルフォト・ブツ撮り” に対して1件のコメントがあります。

  1. 秋山 桂子 より:

    スリム化したユカリさん、いろんな想いが今動画に結集したんですね。これから皆さんの魅力を引き出しライフスタイルに伴走していくユカリさんへ最大のエールを送らせて頂き、私達も一緒に伴走してまいります皆さんが益々輝き、ユカリさんがハッピーになれますよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です