布で自然なシワを作りたいなら知っておくべき見分け方★テーブルフォト

karistyling の中山ユカリです 。

私の体験からおすすめするスタイリング小物ベスト9アイテム。
*詳しくは「保存版★中山ユカリがお勧めするスタイリング小物ベスト9アイテム」をご覧ください。

6番目は「布(キッチンクロス)」。
画面にニュアンスを出したい時に欠かせないアイテムです。

存在感があるので、チラ見せするだけでも写真の雰囲気がグーンとUPします。

今回は、布について書きます。

1. なぜ、布にくわしいの?

スタイリストアシスタント時代の師匠は、ステージ衣装などもデザインしていました。
デザイン〜布選びまでを担当し、制作は専門家へという流れです。

アシスタントだった私は当然、師匠のイメージにあった布を探すため、都内の布専門店をかたっぱしから探しまわりました。

素材によって特徴があるのはもちろんのこと。
同じ素材でも織りによっては感触やイメージがガラッと変わります。

値段や色もさまざまです。

どうしても素材と色がぴったりくるものがなければ、素材を中心に選び、イメージの色に染めることもしていました。

この経験のお陰で、素材には結構くわしいのです。
今でも一定の素材なら、感触で区別をつけられますよ。

布の奥深さを知っているからこそ、選び方も必然とこだわるのですね!

Styling by Yukari Nakayama

2. 見分け方のポイント!

さて、レッスン生さんからの布に関する質問ナンバーワンといえば、

「どうやったら自然な置き方になるのですか」です。

シワが不自然になるのがお悩みなのですよね。

実はその答え、素材にあります!

布選びの鉄則。

素材はリネン100% !
*素材表記が無い場合の具体的な見分け方は別記事で詳しく書きますね。

これを知っていると、今日からあなたも布使いのお悩みから開放されます

リネンといっても、いろんな種類があります。
麻袋のようなもの、糸は細いですがパリッとハリのあるものから、ナチュラルなワンピースなどに使われる優しい肌触りのものなど。

おすすめなのは、優しい肌触りのものです。
何度か洗濯したような、肌に馴染む感触のものが良いです。

色もさまざまありますから、これはあなたのブランドイメージで選んでくださいね。

私は、グレーベージュ、色褪せた紺などアースカラーが使いやすいです。
ピンクベージュなども良いですね。

3. 使い方

私がスタイリングフォトで使う布は、主にキッチンクロスです。
生地をそのまま使っても構いません。

サイズはさまざまですが、40cm×50cmほどが使いやすいです。
家庭でよく見かける、あのサイズです。

素材の特徴で、シワ感のニュアンスも変わります。
ちょうど良いニュアンスは、リネン100%の持ち味なのです。

これがコットンなどでは、そうはいかない。
素材そのものの張りが強すぎて、いくら手直ししても不自然なシワになりがちです。

素材に注目してセレクトすれば、あとは布が良い仕事をしてくれます。
手直しで不自然になってしまった時は、置き直してください。

上:コットン 下:リネン100%

また、リネンとコットンの混紡もちょっと残念な感じです。
コットンの張りが主張するからです

扱いにくくて布を整えることに時間がかかるなら、使いやすいリネンを持っていた方が効率が良く、イメージ通りの印象を作れます

さりげなく置くと、ナチュラルな雰囲気になり、畳んで添えると、きっちりとしたイメージになります。

クロス1枚あれば、いろんなイメージのスタイリングを作ることができるのです

*こちらはアドバンスコースのテーマレッスンでの作品。
現在、スタイリストとして活動中の卒業生さんの作品です。
アドバンスコースではスタイリングに欠かせない「視点」を広げるレッスンをします。レッスンをテーマ別にしているのはそのためです。

Styling by Yuco
Styling by Yuco
Styling by Yuco

 

この時、もう一つのシワに注意!
折りシワです。

自然なシワはOKですが、畳んだ時につく折りシワは、それだけでイメージが崩れます。
アイロンは必須ですよ!

このひと手間が、見る人に自然なイメージとして届くのです。

4. まとめ

◆ポイント

・素材:リネン100%

・肌に馴染む感触のものを選ぶ。

・サイズ:40cm×50cmほどが目安 使いやすさに合わせてその前後のサイズ。

・生地をそのまま使ってもOK。

・色:あなたのブランドイメージに合わせる。

◆注意

折りシワがある場合はアイロンをかけましょう。

Styling by Yukari Nakayama

 

さぁ、今日からあなたも布を使ったスタイリングを楽しんでくださいね!

 

ブログで紹介している内容は、よくあるパターンに厳選しています。
状況に合わせて限りなく方法がありますので、その辺りはコースレッスンで詳しくお伝えしています。

スタイリングにご興味のある方は、レッスンでの実践をお勧めいたします!

スタイリングレッスンメニューはこちらからご覧いただけます
企業さま向けSNSサポートプロジェクト

公式LINE ID @nby5437v

見るだけですぐに再現できる! "カンタン綺麗に撮れるコツ 基本のき" 無料ダウンロードプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です