このサイトを見つけてくださいまして
ありがとうございます。

”潜在意識に響かせる
何か気になるスタイリング”

スタイリスト 中山ユカリです。

本当にあなたが出会いたい
理想のお客さまと出会うための
スタイリング。

あなたのイメージを引き出して
理想のお客さまの感性に、呼びかける
スタイリングが特徴。

私の知識と体験があなたへ伝わり
あなたを通った時

あなた色にリメイクされて
新しいカタチとなって
発信されていくことを願って
活動しています。

 

 

略歴

文化服装学院スタイリスト科卒業後

某大手百貨店企画宣伝部 専属スタイリストとして
百貨店の広告ポスター、チラシ、パンフレット、
カタログなど すべてのイメージスタイリングに関わる。

その後、フリーランスアシスタントを経て独立。

TV、雑誌、ステージ衣装、ドラマ、CDジャケット、プロモーションビデオなど
あらゆる分野のイメージスタイリングを担当。

全ての要望に沿ったイメージスタイリングを作り上げる。

また、大手結婚式場スタイリストウエディング
専属スタイリストとして 3店舗店を担当。

ウエディングドレス、色ドレス、ブーケ、ヘアーメイクの トータルスタイリングや
ブライダルウエディングショーなどを提供する。

手がけた花嫁の数 約100組

 

出身:富山県  17歳で上京

趣味:スキー・歌舞伎観賞・ジャズピアノ練習中

目標:人生をシンプルに!

好きな音楽:ボサノバ・ジャズ・ゴスペル・米津玄師

好きな有名人:樹木希林・所ジョージ

好きな映画:アマデウス(特に衣装が時代に忠実かつ美しい)・天使にラブソング(ゴスペルが楽しい)

好きな作家:山崎タクミ・松浦弥太郎

〜封印〜

略歴を見ると、そこそこの実績を積んだスタイリストと 言わせてもらっても良いかもしれません。

結婚当初、状況が変わった私は仕事を調整しました。
そのことで仕事の勘が鈍ったことに気がつきます。
当然、クライアントは気がつかない、私だけがわかる感覚です。

出産し、さらに状況が一変。
社会との距離も感じ、益々仕事への勘が鈍ります。

頂いた仕事に100%自分が納得できないまま提供することに、どうしてもOKを出せなかった。
「一円でも頂いたらプロ」「自分で仕事に格差をつけるな」と、師匠から叩き込まれている私が選んだ道は、廃業。

出産を機に退いた私は長い長い迷走の期間に入ります。
自分が迷走していると気がついていれば、良いのですが、、、、。

そのころは、良い妻と母になることで無意識に自分の空虚を埋めようと必死でした。
結婚したのだから好きなことよりも、
周りにあわせることを目指さなくてはいけない、そう思っていました。

夫は、地域に根付いた会社を経営していたので、地域ごと出来上がっている関係性の中に馴染もうと必死でした。

自分を全く違う世界の枠の中に閉じこめるには、自分を出さないことしか方法が無いことを、無意識が分かっていたのだと思います。

”~ねばならない”  ”~するべきだ” と、自分を縛っていました。

今から思えば1年もかからないうちに、自分の居場所を探しはじめていたのです。

自分で退いたキャリア → もう、戻ってはいけない → 私にできるわけがない→私は何もできない。と、私の想いが変化していきました。

その隙間を埋めようと興味のあるものを次々と始めますが
どれも途中で続かなくなり、やめてはまた次へと繰り返す日々でした。

 

“自分は一体何が好きなんだろう?” 

“なんのために生きているのだろう?”

 

そんな思いにも気づかないふりをして
“続かないのは本当に好きなことに巡りあってないからだ” と、また次へ。

そんな生活が、本当の自分だと思い込み始めます。

いつしかそれが
”自分は何をやっても続かない中身のない人間なんだ” と
自信をなくし 体調を崩していったのです。

助けて!が言えない

胃に穴が空く
原因不明のめまい と続き、おさまった頃
過呼吸と嘔吐下痢・極度の貧血が同時にやってくる症状に怯えていました。

かなりおかしいですよね!?
パニック症候群のようなものです。

私は1年間の説得のうえ父の大反対を押し切って、スタイリストを目指し専門学校へ入学しました。
「学校で2年学んだ後は実家へ戻る」というのが、入学の条件でした。

スタイリストとして働きたかった私は、在学中に就職先を決め、断れない状況を作ってから父へ報告しました。

父は絵に描いたような頑固者。
優しさを表現することが苦手な昭和タイプです。
褒めてもらった記憶はあまりありません。

母は「父の意見が絶対」という家庭で育った私は
相談など絶対に乗ってくれない。

私の言い分など聞いてくれない。

最初からそうと決めて、向き合おうとしなかったのです。

父を安心させたいという綺麗な言い訳を作り、スタイリストとして成功することで、
父から認めてもらいたいと思っていたのだと思います。

そんな私が、仕事を辞め、原因不明の症状に怯えているなんて、全くダメ人間。
生産性がない、価値がない、と思っていました。

この頃、体調が悪い自分を責めるようになっていました。
スタイリストとして働いていた頃は時間や休みも不規則で、仕事の香盤表に終了時間26時と書いてあることもあったほどです。

26時って深夜2時だよね?って、初めて見たときは確認しましたよ笑

そんな中でも風邪一つ引かなかった私が、大した仕事もしていないのに何故?と。

もっと、強くならなくちゃ。
子どもたちに心配かけたくない。
夫や夫の会社に迷惑かけちゃいけない。

そんな小さなプライドから、家族や両親には何事もないように、楽しいことだけを探して普通に振る舞っていました。


「もっと強くならなくちゃ。」
この気持ちがプツンと途切れた瞬間を覚えています。


夫の会社の莫大な借金を聞いてから、何とかしようと自分を奮い立たせたのです。

パートの収入が右から左へ消えてゆく毎日。
夫の収入は会社運営で消えてゆく。
毎日の時間がやりたくもない仕事で消えてゆく。

仕事帰り、自宅へ戻る階段を登ろうとした時、「帰りたくない」と、足が動かなくなり
そのまま長い間泣いていました。

私は何のために生きているのだろう?なんてことまで考えていたのです。(暗い!!)

きっかけ

ある時 ”感情と向き合うワーク” に誘ってもらいました。

次々と新しいことを探していた私のこと

当然興味だけで参加したのがきっかけですが
このワークが、私の長い長い迷走に気づかせてくれたのでした。

 

”自分は何者なのか?”

”自分が本当に望んでいるのは何なのか?”

”自分はどうしてブレーキをかけていたのか?”

”自分は本当の自分を知らなかったのか?”

”自分は自分で殻を作っていたのか?”

 

次々と溢れ出す、心の奥底にずっと隠し続けていた本来の自分。
もう、何色が好きでどんな食べ物が好きだったのかもわからなくなっていた自分に

私は次々とメッセージを伝えはじめたのです。


しばらくして、
ずっと断り続けていた知り合いのフォトグラファーが 、
撮影の手伝いをして欲しいと声をかけてくれました。

ちょうどこだわりたかったんだ” という
メッセージを受け取ったタイミングでした。


9時~18時までの撮影時間。
何年ぶりかの撮影現場に入ったのです。

私は次々と湧いてくるイメージに浸っていました。
そしてイメージだけに集中できる ”今” がとっても心地よかったのを覚えています。

”この、みぞおちに落ちる感覚、懐かしい、忘れていなかった”

本当にやりたかったことは自分で封印し、ずっと持ち続けていたのです。

すでに自分の中にあったのです。

無理やり奥底に押し込めた想いは、無くなることなく沈殿し、
余白ができたその瞬間に隙間から浮き上がってくるのです。

それほど大切なものだった” と気づいたきっかけでした。

振り切れる

本当に大切なものに気づいた私は

以前のような現場で働くことはできないけれけど
スタイリングに没頭していられる時間があることが
喜びでした。

趣味程度でもいいじゃない
自分が喜んでいるのだから。

そう思いながら、お手伝いを続ける一方で
そのお金も一瞬で通り過ぎてゆく現実も変わりませんでした。

撮影が終わって日常になる
そのギャップも切なかったのです。

イメージの中へ逃亡しているだけなのか?
苦しさから逃れたくて
楽しいと思っているだけなのだろうか?

日常も変えたい

そう思い始めた頃
知り合いの心理カウンセラーから
1本のメッセージをもらいました。

ビジネス構築の紹介内容に「!?」
と、思ったのですが
彼女が怪しいことをするはずがない
と、振り払います。

まだまだ感覚より思考に頼っている時期でした。

不安を感じないように
不信感を動くことで振り払い
信じたい気持ちだけをみて
必死に新しい情報と動き方を取り入れていました。

懐かしい取り戻した感覚に、
今のやり方を取り入れて一気に駆け上がれる!
そう考えていました。

不安は恐れになり恐れを忘れるために爆走するを繰り返す、振り切れていたのです。

この行動と比例するように
夫婦親子関係もどんどん崩れていきました。

成功をただ収入の量のみで図るなら
行動の量はある程度、起因になるかもしれないけれど
結局、幸せとは程遠いものになるのです。

私にとって大切なモノは私自身の人生。

どう生きたいか。
誰とどこでどんなふうに生きたいか。
その道中にあるモノに、
目を背けたり、ふたをしたりすることは
幸せと逆行しているのです。

好きなことを仕事にして収入が入るようになっているのに
私の心と身体は全く喜びを感じられず疲弊していき、
収入も通り過ぎてゆくだけが続いていました。

気づかないふりをするのはもうやめよう。

全部、机上に載せて見てみよう。
1つ1つ整理して
今できること
自分の問題と相手の問題に境界線を引こう。

そう決めて、再び立ち止まることができたのです。

知識として頭で理解していることと、
それが人生の一部となって ”生きはじめる” こととは、全く別のことなのです。

だから
あなたへ手渡したい

”もう、戻ってはいけない”
”あの時のようにできない、やってはいけない”

小さなプライドが邪魔をして自分で重りをつけて、
既についている羽さえも気づかないふりをして ずっと彷徨っていたあの頃。

お手伝いで始めたスタイリングをきっかけに、ふと、余白ができる瞬間ができてきました。

ちょうどそんなタイミングで
「カーリちゃんは何をやっているの?」と聞かれて、初めてスタイリングフォトを見せたことがありました。

私が今のように活動する一歩を踏み出すまでずっと「あなたの才能は素晴らしい」「必ずできる」と、信じて伴走してくれた人です。

その1枚のスタイリングフォトがきっかけで、離れている今でも、お互いを応援し信じ合える友達になりました。

 

私の今は、たった1人が信じて伴走してくれた延長線です。

 

だから、
同じように探しているかもしれないあなたへ。
もっと新しいヒントが欲しいあなたへ。

私のこれまでをあなたへ手渡して、
次は私があなたの才能と踏み出す一歩を伴走したいと思っています。

あなたの中にあるタイセツナモノ ” と
あなたを繋ぐきっかけを手渡したいと願っています。

あなたの Reスタートを伴走する一人となれたら嬉しいです。

このHPを立ち上げようと思った理由

私がこのHPを立ち上げようと思ったのは、
15年間のスタイリスト経験がベースになっています。

理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、「スタイリングを一般化したい」という想いです。

私がスタイリストの仕事をはじめた頃、カメラマンとスタイリストは別々の専門職でした。
その上、スタジオや撮影などは特殊な職業で、あまり内容を知られていませんでした。

スマホが当たり前になっている今、多くの人がきれいな写真の撮り方を探しています。
Web上では誰もが簡単にショップを運営し、
SNSを使って広告を発信できます。

カメラの使い方はマニュアルがあっても、スタイリングはセンスや感覚で作るものだから、
マニュアルにはできないと思われていました。

そこで私は、15年間の現場の体験と知識を元に、
それぞれの個性に沿ったスタイリングとして活用できるよう、
オリジナルメソッドとしてまとめたのです。

今、個性の時代。

あなたが気づいていない自分を引き出して、
それぞれに合ったスタイリングを提案していきたい。

これが、このHPを立ち上げようと思った1つ目の理由です。

2つ目は、「好きなことで自立する」という想いです。

私の好きなことはスタイリングです。
封印したことで、やっぱり好きなのだと再認識できたからこそ、
好きという自分の感覚に自信を持って発信できます。

好きなことを仕事にしようと思うと、成功するにはどうしたら良いか、と考えがちですが、
こんな言葉を知っていますか?

成功が幸福の鍵なのではない。幸福が成功の鍵なのだ。もし、自分のやっていることが好きなら、あなたは成功するだろう。

by アルベルト・シュバイツアー:ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者

好きなことに素直になれたら、それだけで人は幸せなのだと思います。
幸せを感じることができれば、自分に自信をもてます。
自立の第一歩は自分に自信を持つことから始まるのです。

「私の15年間の経験と知識」×「あなたの好きなこと」が、
自立に繋がる可能性があるのなら、探している人に渡したい。

これが、このHPを立ち上げようと思った2つ目の理由です。

自分で自分をブランディングしよう

スタイリングを知ると、自分のイメージをカタチにできるようになります。

様々なメニューをつくっているのは、イメージはそれぞれ違いますし、
個性も様々だからです。

あなたも、ブログやHP、SNSなど様々のツールを使っていらっしゃるでしょう?
自分が目指すイメージは自分が一番よく分かっているものです。

毎日使うものをお気に入りに変えただけで、
日々の時間が楽しくなった経験ありますよね?

スマホやPCで自分のサイトも毎日見ています。
そこが、お気に入りの写真で埋まっていると、
ビジョンマップのような効果があるのですよ!

習うと全く同じテイストのものになることが多々ありますが、
私はあまり好きではありません。

私はあなたの個性を引き出して、
あなたに合ったスタイリングを伝えていきたいです。

せっかく好きなことを仕事にしているのだから、
あなたの個性を打ち出して、仕事もライフスタイルも
あなた自身でブランディングできるスタイリングメニューを提供していきます。

目指す世界

いろんな業界とスタイリングを融合させたい。

スタイリングには、センスや感覚の他にセオリーがあることを伝えることで、
仕事だけでなく、ライフスタイルもキャリアアップさせて、
自分で自分にOKを出せる喜びを味わえる人を増やしたい。

人生がどんどんシンプルになって、本質的な人生を過ごすきっかけを作りたい。
その変化の様子を、私も一緒に味わえたら幸せです。

世の中には正解はありません。
誰かの正解と照らし合わせることなく、自分の感覚と照らし合わせていきたい。

今日、いま、瞬間の連続で未来があるのなら

過去のデータから
未来のことを心配するのでなく

今、自分が何を感じているのかを大切にしていくことが、
目指す世界を作り上げていくのだと信じています。

 

こんなに長文を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

最後に、私が好きな言葉を紹介させてください!

『足下を掘れ、そこに泉あり。』

by ニーチェ :ドイツの哲学者

 

”潜在意識に響かせる 何か気になるスタイリング”

スタイリスト
中山ユカリ (Yukari Nakayama )